【体験画像あり】眉毛アートメイクの翌日の仕事は大丈夫?ダウンタイム中のNG行為やアフターケア方法を解説

「眉毛アートメイク翌日の仕事は大丈夫?」「ダウンタイム中のNG行為を知っておきたい」など眉毛アートメイクを受けようと考えていても施術後の仕事や日常生活が問題なく過ごせるか不安ですよね。

眉毛アートメイクを受けるのであれば仕事に影響が出る可能性やダウンタイムを詳しく知っておくべきです。

この記事では眉毛アートメイクを受けた後の影響やダウンタイムで起こる可能性のある症状について解説します。

現在アートメイクを受けたいけど、施術後のことを考えて迷っている方の悩みを解決できる内容になっているので、ぜひ参考にしてください。

東京の安くて人気のおすすめ医療アートメイククリニックはこちら

大阪の安くて人気のおすすめ医療アートメイククリニックはこちら

眉毛アートメイクした翌日の仕事に影響は?

眉毛アートメイクをした翌日の仕事への影響はありません。

施術後から普段通りの生活を行うことができ、施術部位への配慮を行っておけば基本的には大丈夫です。

少し眉毛が濃くなることもありますが、周りの人からは気づかれない程度なので心配する必要はありません。

しかし、過度に動いたり汗をかいたりする職種では眉毛アートメイクの影響が出る可能性もあります。

ここからは眉毛アートメイク後のダウンタイムやNG行為など詳しくお伝えします。

眉毛アートメイク施術後のダウンタイムは?

眉毛アートメイクのダウンタイムは赤み出たり腫れたりします。

基本的には2週間程度で、赤みや腫れは引くため、過度な心配をしなくて大丈夫です。

万が一、赤みや腫れが引かない場合は施術を受けたクリニックへ相談しましょう。

赤みがある状態で仕事を行っても色の定着や赤みの悪化には影響しません。

周りの人から見ると赤みがあるため心配される可能性はあります。

翌日の仕事は大丈夫?

先ほどもお伝えした通り翌日の仕事は基本的に大丈夫です。

ただ、汗をかいたり代謝を上げたりする仕事の方は色の定着に影響が出るので、あらかじめクリニック側と職場に相談しましょう。

施術後は色が定着するまでに1週間から2週間程度はかかるので、一定期間は過度な運動などはできません。

ダウンタイム中の注意点とNG行為

ダウンタイム中の注意点は下記の通りです。

  • 汗をかかない
  • 代謝を上げない
  • 施術部位に触れない
  • ワセリンを塗る
  • 施術後24時間は施術部位を濡らさない

ダウンタイム中は上記の行為には気を付けましょう。

色の定着に影響が出ることもあり、満足いく仕上がりにならないこともあります。

アートメイク後の入浴と運動について

アートメイクの入浴は当日から可能ですが、施術部位は濡らさないように気を付けてください。

施術部位が濡れてしまうと色の定着に影響が出ます。

理想は1週間程度、施術部位を濡らさないことです。

濡らしてしまうと傷口から細菌が入り、炎症を起こすリスクもあります。

飲酒や日焼けについての注意事項

アートメイク後は24時間程度、飲酒を控えましょう。

お酒を飲むと血行が良くなり、色の定着に影響が出ることもあります。

また日焼けについては施後から2週間程度は避けましょう。

紫外線による影響で色が変色する可能性もあります。

メイクやクレンジングについて

アートメイク後、施術部位以外はメイクができます。

施術部位に関しては1週間後を目安に可能です。

ただ、1週間後も腫れや赤みが続いている場合は控えましょう。

【体験談】眉毛アートメイクのアフターケア方法

ここからは眉毛アートメイクのアフターケア方法について解説します。

眉毛アートメイク施術後の洗顔とシャンプーの仕方

眉毛アートメイク施術後は眉毛を濡らさないように洗顔とシャンプーを行いましょう。

洗顔の方法はシートで行うことです。

洗顔シートであれば施術部位が濡れるリスクがないため、簡単に行えます。

シャンプーをする場合は施術部位にワセリンを塗り、ラップで覆うようにして行いましょう。

施術部位が濡れるリスクを避けられて、安全にシャンプーができます。

アフターケアで重要な保湿 – おすすめの保湿剤と使用方法

アフターケアでおすすめの保湿はワセリンです。

私が実際に施術を受けた際は1週間分のワセリンをもらえました。

毎日ワセリンを塗るだけなので簡単に継続できます。

自己処置の注意点 – 乾燥とかさぶたに要注意

眉毛アートメイク後、数日経つと乾燥しやすくかさぶたになります。

乾燥してかゆみがでたりかさぶたになったりしても施術部位に触れないようにしましょう。

完全に傷口が修復されていないと細菌が入る可能性もあります。

眉毛アートメイク後の色味変化

ここからは眉毛アートメイク後の色味の変化についてお伝えします。

眉毛アートメイク後の色味の変化と個人差

眉毛アートメイク後は翌日から2週間程度かけて徐々に色が変化していきます。

3日目に一番濃くなりやすく、そこから徐々に色が馴染んできます。

色味には個人差があり、思ったより濃くならなかったり想像以上に濃くなったりすることもあるでしょう。

最初の色味は想定外でも、2週間程度経つと色が馴染むので最適な眉毛になります。

私の場合は施術後、3日目に眉毛が一番濃くなりました。

そこから徐々に色が馴染むようになり、1週間程度経ってから色が若干薄くなりました。

眉毛が一番濃くなった3日目でも周りの人に気づかれることはなかったので、眉毛アートメイクをしていること自体に気づかれませんでした。

2回目のアートメイクの重要性 – 色の定着と効果

アートメイクは1回だけでは色が定着しにくいです。

1回目の時は体内でインクを異物だと判断して排除しようとします。

インクが排除された結果、ムラができたり薄くなったりするため、2回目を受けた方が良いです。

中には1回でも色が定着する方もいるので、個人差はあります。

症例から見るカラー変化と注意点

症例を見ると分かる通り、施術後と1週間後では色の濃さが違います。

1週間すると色も馴染んでおり、完成度の高い眉毛となっています。

アフターケアの注意事項も守り1週間程度、経過するとダウンタイムも落ち着いてくるでしょう。

施術後にダウンタイム中の過ごし方などには注意しましょう。

【実際の体験談】眉毛アートメイク施術の流れと注意点

ここからは眉毛アートメイクの施術流れと注意点について解説します。

※協力クリニック:メディカルブロー様

アートメイク施術の一部始終 – 施術時間と経過

眉毛アートメイクの施術の流れは下記の通りです。

1.カウンセリング・契約

2.診察

3.デザイン設計・施術

4.アフターケア

上記流れを1つずつ解説します。

1.カウンセリング・契約(約10分)

カウンセリングではお客様の要望や悩みを把握して適切なプランを提案してくれます。

施術者の選び方や細かい料金プランの説明・仕上がりのイメージなどを丁寧に説明してくれました。

初めてアートメイクを受ける私でも安心して施術を受けられました。

2.診察(約5分)

診察では過去に病気をしたことがあるかや現在治療中の病気があるかなど聞かれました。

過去も現在も大きな病気をすることがなかったため、5分程度で診察は終了しました。

3.デザイン設計・施術体験(約2時間)

デザイン設計では過去の症例やお客様の骨格に合わせながら理想の眉毛を作り上げていきます。

理想の眉毛が分からなくても1から丁寧に説明してくれるため、安心して任せられます。

また施術中は麻酔を塗るため痛みを感じることはありませんでした。

痛みがないうえ、施術時間も2時間程度で終わるため、リラックスして過ごせます。

4.アフターケア(約10分)

アフターケアではワセリンを塗ってくれます。

ダウンタイム中の禁止事項に加えてワセリンは1週間程度毎日塗らないといけません。

施術後のみ施術者がワセリンを塗ってくれますが、その後は自分で塗る必要があります。

5.経過

施術前と施術後の経過になります。

                        施術前

施術後

施術から5日目

施術から1週間

施術前と施術後では眉毛の濃さや形が大きく変わっています。

施術直後から5日目と1週間後ではさらに色が定着しており、最適な眉毛になっています。

思ったより色が濃くならなかったので施術後でも安心して過ごせました。

 リタッチと2回目の施術について

リタッチは基本的に3回目以降に受ける施術です。

アートメイクは1年から3年程度で薄くなるため、再度施術が必要になった際にリタッチを受けてデザインを調整します。

2回目の施術は1回目の施術から1ヶ月から3ヶ月程度空けてから行います。

1回目の施術から色が定着した後に再度施術を行います。

眉毛アートメイクの注意店

眉毛アートメイクの注意点は納得いくまでカウンセリングを行うことです。

眉毛は相手に与える印象が大きいので、自分に合わないデザインだと違和感があります。

また色が上手く定着しないとムラができることもあり、整っていない眉毛に見えます。

カウンセリングを納得いくまで行うことで、失敗のリスクを最小限まで軽減可能です。

この記事で掲載している「実際の体験談」ではメディカルブローさんに協力してもらい体験取材を行いました。

メディカルブローさんは年間症例数6万件以上と圧倒的な実績を誇っているアートメイク専門のクリニックです。

料金も2回80,000円~と相場の120,000円よりも安く受けられます。

実際に私も施術を受けましたが、理想通りの眉毛を実現でき、すっぴんでも自信が持てるようになりました。

私は初めてアートメイクを体験しましたが、施術者の方も丁寧にカウンセリングを行ってくれたので、安心して施術を受けられました。

少しでも興味が出た方は、無料でカウンセリングもしているので、足を運んでみてください。

年間症例数6万件以上の圧倒的実績!

国内最大10院拠点!最大45%オフ!

\圧倒的なコスパで施術が受けられる/

メディカルブローの
公式サイトを見てみる

おすすめの眉毛アートメイククリニック3選

ここからは眉毛アートメイククリニックを選ぶポイントとおすすめのクリニックを紹介します。

クリニックの選ぶポイント3選

クリニックを選ぶポイント3選は下記の通りです。

  1. 実績のあるクリニックを選ぶ
  2. 評判の良いクリニックを選ぶ
  3. 施術者を指名できるクリニック選ぶ

上記3つのポイントは重要です。

「安いから選んだ」など費用面だけで選ぶと失敗する可能性もあるので気を付けましょう。

3つのポイントを意識してクリニックを選ぶのが最適です。

次の章で紹介するクリニックは3つのポイントを抑えたクリニックなので、参考にしてください。

メディカルブロー、デイジークリニック、エルムクリニック

下記の表はメディカルブロー、デイジークリニック、エルムクリニックの料金や特徴をまとめた表になるので、ぜひ参考にしてください。

クリニック名眉アートメイクの料金特徴
メディカルブロー
25,000円~(1回トレー二ーコースのみ)
80,000円~170,000円(2回)

年間症例数6万件以上と圧倒的実績。
8つの施術者ランクから選べる。
エルムクリニック
55,000円~(1回)1回から施術を受けられる。
年間症例数3200人以上の実績。

デイジークリニック
99,000円~132,000円(2回)累計症例数9000件以上。
3つの施術者ランクから選べる。

上記3つのクリニックは実績が豊富で料金も安いです。

実績があるため、多くのお客様から信頼を得ており、評判も良いです。

アートメイクを受けたいけど、どこのクリニックを選べば良いか分からない場合は、ぜひ上記3つのクリニックから選んでみてください。

眉毛アートメイクの期間と持続力

ここからは眉毛アートメイクの期間と持続力について解説します。

眉毛アートメイクがどれくらい長持ちするか

眉毛アートメイクは1年から3年程度です。

個人差もあるため、早い方だと1年で薄くなることもあります。

アートメイクは一生持続するわけではないので、再度施術を受ける必要があります。

アートメイクの色が定着するまでの期間

施術を行い色が定着するまでの期間は1週間から2週間程度です。

個人差もありますが、施術後から1週間までの間は特に変化しやすいです。

アフターケアを正しく行えば、きれいに色が馴染んできます。

リタッチを受けるタイミング

リタッチは2回目の施術から1年~3年程度の間に受けるのがおすすめです。

色が薄くなるタイミングは個人差があるため、気になった場合はリタッチを受けましょう。

リタッチのタイミングが分からない場合はクリニックへ相談するとアドバイスをもらえます。

まとめ:眉毛アートメイクの翌日でも仕事は大丈夫!自分に合うクリニックで施術を受けよう

この記事では眉毛アートメイクをした翌日から仕事をしても良いのかや施術の流れや経過・おすすめのクリニックなどについて紹介しました。

眉毛アートメイク後、1週間程度は過度な運動や代謝を上げる行為を避ければ仕事をしても大丈夫です。

仕事への影響はほとんどないため、眉毛アートメイクをしようと悩んでいる方はぜひ施術を受けてみましょう。

おすすめのクリニックを3つほど紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

気になるクリニックがある場合はまず、カウンセリングを受けてクリニック内の雰囲気やスタッフの対応力などを把握しましょう。